Android ビルドとプロパティ

はじめに

Clickteam Fusion 2.5 のガイドへようこそ! 本ガイドに記載されている情報の一部は、Multimedia Fusion 2 でも利用できます。 PDF 形式のチュートリアルやガイドはご自由に印刷してお読みください。 お好きな時間にご自身のペースで読み、学習していただけます。

Clickteam Fusion 2.5 では、ある結果を得るための方法は 1 つに限定されません。本ガイドでは、それらのうち、最も一般的かつ簡単で効果的と思われる方法をご紹介しますが、方法はそれだけだけではない、ということを頭の片隅に留めておいてください。

本ガイドは、ゲームであれ、アプリケーションであれ、 Clickteam Fusion 2.5 を使って開発を行おうとお考えの方に、知りたいことを丁寧に説明することを目指して作成いたしました。

本ガイドについてのご意見、ご感想をお待ちしております。 学習者のレベルに合わせたガイドを個別に作成するのではなく、初心者から中級、上級者まですべてのレベルの方が同じガイドで同じ目標を達成できればと考えております。

AndroidのAPKファイルを作るには、外部ツールのインストール、設定が必要です。

  1. ビルドするための準備
    1. Java Development Kit のインストール
    2. Android SDK のインストール
    3. インディゲームクリエイターの設定
  2. テスト用ビルド

1. Java Development Kit

ORACLEのサイトから、JAVAの開発キットをダウンロードします。

バージョンはJDKの最新版(現在 8u45)が必要です。また定期的に更新されますが、そのたびに入れ替えることをお勧めします。

JDKのダウンロード

ORACLEサイト・JDKダウンロードページ: http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

Java Development Kit ダウンロードページ

JDKのいずれかのボタンをクリックします。

Java Development Kit ファイル選択ページ

ライセンスを承諾し、Windows x86 用のファイルをダウンロードします。

注意:お使いのシステムが64ビットの場合でも、x86用のJDKをご使用ください。
注意:ライセンス承諾をしないと、ダウンロードできないダイヤログが表示されます。

JDKのインストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールを開始します。(選択によっては自動的に開始されます)

Java Development Kit インストールスタート

JDKインストール開始

Java Development Kit インストールパス

インストール先 を控えてください、インディゲームクリエイターの設定に必要です。

2. Android SDK

必要なAndroid SDKをGoogleのAndroid Developerサイトからダウンロード、インストールします。 インストールには、そのサイトで提供されるSDKツールを利用します。SDKツールは、最新版を使ってください。

Google Developper サイト・Android SDKダウンロードページ: https://developer.android.com/intl/ja/sdk/index.html

Android SDK トップ

SDKのみ必要です:「Other Download Options」をクリックします。

Android SDK トップ

SDKを選択・インストールするSDKツールをダウンロードします。

Android SDK トップ

利用規約に同意し、SDKツールダウンロードします

次は、ダウンロードしたファイルを起動し、Androidツールをインストールします。

SDKツール インストールスタート

インストーラを起動し、次を押します。

SDKツールインストール JAVA確認

JAVAがインストールされているか確認されます。

SDKツールインストール 権限

使えるユーザーを選びます。上はパソコンの全ユーザー、下はそのユーザーだけ。

SDKツールインストール パス

SDKツールのパスです、SDK自体のパスは別です。

SDKツールインストール パス

ショートカットはお好みで設定してください。

SDKツールインストール 完了

インストール完了後はツールを起動します。

起動したSDK Manager のリストから、必要なツールとSDKを選択してインストールします。

SDK Manager Tools

ToolsからPlatform Tools と Build Tools が必要です。
既定では選択されていますので、変更する必要はありません。

SDK Manager API

APIのリストから、一つ以上のAPIを選択します。(API 15以上)
APIが最新ほど、最新のデバイスで動作に対応しますが、古いデバイスで使えなくなります。
例:API 21だと、Android 4システムのデバイスで起動できません。
API 10について:Admobを使用する場合は、API 10もインストールください。
SDK Path: インストールパスを控えてください。

SDK Manager License

Licenseに許諾してインストールします。

注意:現バージョンのAndroid SDK Tools (24.3.3) で下記の不具合が修正されました。不具合が発生した場合、最新版に更新すると治ります。

注意:現バージョンのAndroid SDK Tools (24.3.2) では不具合があり、ビルド中にエラーが発生します。

解決方法:build.xmlのファイルに下記の4行を追加します:

<property name="aidl" location="${android.build.tools.dir}/aidl${exe}" />
<property name="aapt" location="${android.build.tools.dir}/aapt${exe}" />
<property name="dx" location="${android.build.tools.dir}/dx${bat}" />
<property name="zipalign" location="${android.build.tools.dir}/zipalign${exe}" />

ファイルの場所:Android SDK インストールフォルダー/tools/ant

ファイル名前:build.xml

修正箇所:ライン484

build.xml 修正前

build.xmlファイル、修正前

build.xml 修正後

build.xmlファイル、修正後

3. インディゲームクリエイターの設定

インディゲームクリエイターの内部で、インストールされたJDKとAndroid SDKのパスを設定します。

インディゲームクリエイター:環境設定

メニューバーのツールから、環境設定を開きます。

インディゲームクリエイター:環境設定

全般タブを開きます。

こちらのタブの下部にある「Exporters」から、Androidを選択します。

JDKディレクトリーのパス名 にJava Development Kitがインストールされていパスを入力します。 (または、「...」でブラウズして選択します。こちら

Android SDKディレクトリーのパス名 にAndroid SDKがインストールされていパスを入力します。 (または、「...」でブラウズして選択します。こちら

4. テスト用ビルド

Android用のテスト版をビルドする準備が完了しました。作成したアプリケーションの設定で、Android / OUYA アプリケーション (.apk) に設定すると、apkとしてビルドできます。

インディゲームクリエイター:アプリケーション設定

ビルドの種類:Android / OUYA アプリケーションを選択

5. デジタル証明書の発行

Googleストアなどで登録できるようなリリース版を作るには、デジタル証明が必要です。 この証明によって、そのアプリケーションの証明書を持った本人しか更新できないようになります。 自分の作ったものが保護されます。 ただし、証明書を大事に保管する必要があります:なくした場合はアプリケーションの更新は不可能になりますし、 流出した場合は、悪意を持った人が別のものに更新できてしまいます。

証明書の作成

証明書を作成するには、ORACLEのkeytoolを使います。Java Development Kit に入っている、コマンドライン用のツールです。

まずはコマンドプロンプトを開きます:Windows キー と R を同時に押して、 表示された「ファイル名を指定して実行」の入力欄に cmd を入力して、OKを押します。

インディゲームクリエイター:アプリケーション設定

ファイル名を指定して実行 で コマンドプロンプトを開きます。

Java Development Kit のフォルダーにディレクトリーを変更します。

cd "\Program Files (x86)\Java\jre1.8.0_45\bin"

次にkeytoolを起動します。

keytool -genkey -v -keystore d:\great-release-key.keystore -alias great_key_name -keyalg RSA -keysize 2048 -validity 10000

d:\great-release-key.keystore : は、.keystore ファイルが生成される場所を指定ください。この例では、D ドライブのルートにgreat-release-key.keystore が生成されます。

great_key_name : はキー名前を指定します。

cmd keytool

コマンドプロンプト で keytool の流れ

「キーストアのパスワードを入力してください:」
設定したいパスワードを入力します。(画面には表示されない)
「新規パスワードを再入力してください:」
パスワードをもう一度入力します。(確認のため)
「姓名を入力してください:」
氏名を入力します
「組織単位名を入力します。」
会社の場合は、部署名など、個人の場合はpersonal または android を入力します
「組織名を入力してください。」
会社名、サークル名、ブランド名 を入力します。
「都市名または地域名を入力してください。」
市区町村を入力します。
「州名または地方名を入力してください。」
都道府県を入力します。
「この単位に該当する 2 文字の国番号を入力してください。」
日本は jp を入力します。
「{入力した内容}でよろしいですか?」
内容を確認して、正しければ y を入力します。間違った場合は n で変更します。
「{生成してます的なこと}」
「{証明書の名称}の鍵パスワードを入力してください。 (キーストアのパスワードと同じ場合は RETURN を押してください):」
違うパスワード、またはキーストアと同じ場合は Enter を入力します。

注意:作成しましたキーストアファイルは、安全に保管が必要です。また、複数の場所に保管するのをお勧めします。またパスワードも安全な場所に控えてください。なくした場合はキーストアが使えなくなります。

6. リリースビルド

リリースビルドをビルドするには、アプリケーション設定のAndroid タブで、「リリースモード」を選択して、 お持ちのキーストアを設定します。

アプリケーションのAndroid オプション

Android タブでリリースモードを設定します。

「キーストア名」
こちらにキーストアファイルへのパスを入力します。または、【…】でブラウズして、指定できます。
例:d:\great-release-key.keystore
「キーストアのパスワード」
キーストア作成時に設定したパスワードを入力します
「キー名」
キーの名前を入力します
「キーのパスワード」
キー作成時に設定したパスワードを入力します。キーストアと異なる場合があります

完成です!

注意:キーストア、パスワードは安全に保管してください。いずれかをなくした場合は救済 措置はありません。